6/24/2010

誤った神話その1:外国語を学ぶ最上の方法は外国に行くこと

Language learning: Myths and facts | Antimoon.com


「英語学習の誤った7つの神話」というのがとても面白いので、練習がてら和訳してみようかと思います。拙い訳ではありますが、何かの参考になりましたら幸いです。今回は「その1:外国語を学ぶ最上の方法は外国に行くこと」です。


では、はじめ。


Myth #1: "The best way to learn a foreign language is to go to a foreign country" | Antimoon.com


A lot of people seem to think that being in a foreign country means that you automatically learn the country's language well.


数多くの人がこう考えてるようだ。外国にその身をおけば、自動的にその国の言語を上手に学べる、と。


Perhaps the most prominent people who believe in this "common-sense truth" are European parents who pay a lot of money to send their children to language schools in England, expecting that they will come back speaking fluent English.


おそらく、この「共通認識としての真実」を信じ込んでしまってる最も顕著な人たちは、自分たちの子供が流暢な英語を身につけて帰ってくるだろうと期待して、たくさんのお金を払ってイングランドの語学学校に送るヨーロッパの親たちだ。


Fact:


(実際は・・)


Most immigrants in America don't speak English very well, even after living there for 20 years.


アメリカ国内のほとんどの移民たちは英語をそれほど上手に話さない。たとえ、移住から20年が経っていても。


Many of them have been making the same basic mistakes for decades ― for example, saying things like "He make tea?" instead of "Did he make tea?" or "I help you" instead of "I will help you".


彼らの多くは同じ基本的な間違いを何十年にも渡って繰り返している。例えば、"Did he make tea?"と言うべきところを"He make tea?"と言ったり、"I will help you"とすべきところを"I help you"としてしまったり。


They typically speak with strong accents, which enables others to instantly classify them as Asians, Latinos, Russians, etc.


彼らに特徴的なのは話すときの強いアクセントだ。そのアクセントによって、他の人たちは彼らがアジア系、ラテン系、ロシア系であるとすぐに見分けがつく。


The reason immigrants don't do anything about their grammar and pronunciation is that there is little pressure to do so. Other people can understand them despite their mistakes (sometimes with some effort), and are normally too polite to correct them.


移民たちが文法や発音について何もしない理由は、そうさせるための強制力がほとんど働いてないからだ。たとえ間違いが含まれていても、移民の周囲にいる他の人々は彼らの言うことを理解できるし(時として、それはいくらかの努力を要するが)、たいてい礼儀を十分にわきまえてるため、それらの間違いを正したりしない。


The example of immigrants in America reveals a truth that many language learners find quite shocking: that living in a foreign country simply does not make you speak the country's language well.


アメリカの移民たちの例は、多くの言語学習者たちがかなり驚くであろう、ある一つの真実を物語っている。「その国に暮らしているというだけで、その国の言語を上手に話せるようにはならない。」ということだ。


It does not force you to learn good grammar, good pronunciation, or a large vocabulary, because you can do quite well without those things in everyday life.


その国に暮らしているだけでは、きちんとした文法やまっとうな発音、たくさんの語彙を学ばせるだけの強制力は働かない。なぜなら、それらがなくても彼らは万事滞りなく毎日の生活を送ることが出来るからだ。


For example, you can skip all your articles when speaking English ("Give me apple", "Watch is not good") and still be able to shop in America or Britain without much trouble.


例えば、英語を話すとき、"Give me apple", "Watch is not good"とすべての冠詞を抜かしてしまっても、たいして困ることなくアメリカや英国で買い物をすることが出来てしまう。


Being in a foreign country only forces you to learn what is necessary to survive ― the ability to understand everyday language and just enough speaking skills to order pizza and communicate with your co-workers or co-students.


外国に身を置くことは、人々になんとかやっていくのに必要なものを学ばせるくらいの強制力しか持たない。「なんとかやっていく」とは、日々の生活に出てくる言葉を理解でき、ピザを注文したり、同僚やクラスメイトとやりとりするので精一杯という会話能力のことだ。


The rest is up to you, your motivation and ability to learn ― which means that you're not much better off than someone who's learning the language in his own country.


それ以外のことはすべて、その人自身、そのモチベーション、その学ぶ力にかかってくる。これはつまり、自国で語学を学んでいる人と外国にいる人のあいだにはそう大きな差がないということだ。


In addition, being in a foreign country often forces you to say incorrect sentences, because it forces you to speak, even if you make a lot of mistakes.


さらに付け加えると、外国にいると頻繁に間違った文章を口にすることになる。なぜならば、たくさんの間違いを冒すとわかっていても、とにかく話さないといけないからだ。


When you're in a foreign country, you cannot decide that you will temporarily stop talking to people and focus on writing practice (which would enable you to learn correct grammar better than speaking, because you could take as much time as you needed to look up correct phrases on the Web or in dictionaries). You have to speak, because your life depends on it.


人と話しているときにその会話を少し中断させたり、ライティングの練習に集中しようとしても、外国にいるとそれらは不可能だ。(会話よりもライティングのほうが正確な文法を学ぶことが出来るだろう。なぜなら、正しいフレーズをウェブや辞書で調べるために必要な時間をたっぷり取れるからだ。)


By making mistakes, you reinforce your bad habits, and after a couple of years of saying things like "He make tea?", it's really hard to start speaking correctly.


間違いを重ねていくことで悪癖はより強いものになる。そして、2~3年も"He make tea?"のような言い方をしたあとでは、正しく話し始めようとしてもそれはかなり難しい。


It is important to remember that native speakers will not correct your mistakes. Instead, they will try to be nice and try to understand you, no matter how bad your grammar is.


肝に銘じておくべきことは、ネイティブスピーカーたちは間違いを正してはくれないということだ。そのかわり、彼らは親切であろうとするし、言ってることを理解しようとしてくれる。あなたの文法がどれだけ酷くても。


Conclusions


(まとめ)


While going to another country may seem like a sure-fire way to master a foreign language, it is not so. Without sufficient motivation, you will learn very little and are likely to end up speaking in an understandable way, but with lots of mistakes.


他の国に行くことは外国語を習得するためのハズレのない方法のように思われるかもしれないが、そうではない。必要にして十分なモチベーションがなければ、そう多くのことは学べないだろう。そして、理解できる程度の会話は出来るようになるだろうが、そこにはたくさんの間違いを含んでいるだろう。


On the other hand, if you have the motivation, you might as well simulate a foreign-language environment in your own home with foreign-language TV and the Internet.


その一方で、そういった十分なモチベーションを持っているならば、外国語のテレビやインターネットを使って自分の国において外国語の環境を再現してもよい。


Such an environment will be safer, because it will not force you to speak and reinforce your mistakes. Instead, you can learn at your own pace and concentrate on pronunciation, input and writing before you start speaking.


そういった環境ならば安全だろう。なぜなら、話すことを強制されないだろうし、間違いをよりひどいものにしないからだ。それどころか、会話をするようになる前に、自分自身のペースで学べ、発音やインプット、ライティングにも集中できる。


The advantages of going abroad are:


(海外に行くことの利点)


* easy access to native speakers that you can converse with (though you can also find natives in your own country, or you can just talk with someone who's learning the same language)


ネイティブスピーカーと会話する機会に恵まれていること。(もっとも、自分の国でネイティブスピーカーを見つけることも出来る。または、同じ外国語を勉強している人と話すことしか出来ないかもしれない。)


※or you can just talk with...以下、自信がありません。すいませんw


* the opportunity to perfect your listening skills (trying to understand English-language TV and movies is not quite the same as trying to understand the speech of a teenaged supermarket clerk in Frederick, Maryland)


リスニング能力を熟達させる機会があること。(英語のテレビや映画を理解しようとすることと、メリーランド州フレデリックにいる10代のスーパー店員の会話を理解しようとするのは必ずしも同じことではない。)


* the opportunity to learn useful everyday words which are not frequently heard on TV or in movies, e.g. Kleenex, ATM, carpool, parking space, detergent, deli, cereal.


日常の必要を満たす単語を学ぶ機会があること。それらはテレビや映画ではそれほど頻繁に耳にしない。Kleenex, ATM, carpool, parking space, detergent, deli, cereal.などなど。


All things considered, learning in your own country will be a safer (and cheaper) option than going abroad, assuming you can motivate yourself and can find opportunities to speak in the language you're learning.


すべてのことを考え合わせると、自分自身に動機を与えることが出来て、なおかつ、学んでいる言語で話すことのできる機会を見つけることが出来るとすれば、外国に行くよりも自国で学ぶほうがより安全な選択肢と言えるだろう。(また、より費用が安く済む)


After you've learned to speak the language fluently, you can go abroad to polish your listening skills and make your vocabulary a bit more native-like.


その言語をよどみなく話せるようになったあとでも、リスニング能力に磨きをかけるため、そして、語彙をよりネイティブに近いものにするために外国に行くことは出来る。

No comments:

Post a Comment